ウエルカムシート

タントには福祉車輌が2種類あります。まずはタントウエルカムシートです。助手席がスイッチ操作で回転し、昇降するシートです。タントのドアは90度開きますし、前後のドアの間の柱もないので通常の回転するシートのみより、かなり乗り降りがしやすそうですし、介助が必要な場合でも解除する人への負担がかなり軽減されます。介助していて思うのですが、ドアが90度開かなかったり、前後のドアの間の柱があったりすると、しょっちゅうぶつかったりして本当に介助しづらいんですよね。価格も少し高いけれどそれ以上の価値は絶対あると思いますね。

 

自分の車にも助手席が回転するのがついているのですが、後付けでつけたこともあって結構便利なようで使いづらいのが難点です。タントのウエルカムシートのパンフレットを見ていると羨ましい限りです。もう一つは、車椅子をそのまま乗せられるタイプの車で、タントスローパーです。リアシートもついているので、車椅子を使用しないときは4人乗りとしても利用できるので、二通りの使用が出きるのは嬉しいですね。価格も160万円を切っているので、かなりお手ごろな価格といえるのではないでしょうか。車高の高いタントならではですね。

 

 

 

 

 

カテゴリー: タント パーマリンク