フロアがフラット

タントの特長として、後部座席が左右独立しているのがいいですね。意外と後部座席が一体となっているのが多く、大きくて不安定な荷物を運びたいときに便利ですね。左右独立していても、背もたれだけと言うこともよくあるのですが、タントの場合は左右別々に大きくスライドするので、すごくゆとりを感じさせる空間になります。軽自動車ではありえない仕様ではないでしょうか。室内の雰囲気は、広々空間にマッチするような落ち着いた色合いのブラウンカラーでコーディネイトされています。

 

後部座席のヘッドの部分が上品さを感じさせるんですね。このヘッド好きですね!オプションでアジャスタブルパックという、体格にあわせてハンドル(チルトステアリング)や運転席シートが上下するリフターなどもつけることができますので、体格のいい方や反対に小柄な方に合わせたドライブポジションが設定できるようです。また、インパネシフト採用なので、運転席と助手席の間にあるサイドブレーキやギアシフトがないので、フロアがフラットになり左右の移動も楽々です。これって本当に便利なんですよ。駐車場に車を停めて戻ってきたら、運転手側にピッタリと車を停められて、ドアが開けられなくて困ったことありませんか。そんな時本当に便利ですよ。

 

 

 

 

 

カテゴリー: タント パーマリンク