エコアイドル

010351

 

タントは全車に「新エコアイドル」を装備しています。アイドルといっても、AKB48が乗っているわけではありません。(オヤジギャクですみません)無駄なアイドリングをなくして低燃費を追求したシステムですが、当然皆さんご存知のワードだと思います。作動可能状態に入るのは、エンジン暖機後、アイドリングストップ可能な条件が揃い、車速が時速10km以上になるとOKとなり、「エコアイドルインジケーター」が緑色に点灯して知らせてくれるそうです。

 

新しく採用された「停車前アイドリングストップ機能」により、停車直前時速7km以下になり一定の条件が揃えばエンジンが自動停止になり、減速中は減速時に発生する回生電力をバッテリーに集中充電してくれます。時速7km以下になると自動でエンジンがストップしてしまうといことは、渋滞などでノロノロ運転をしているときはどうなるのだろうと、メカ音痴の自分は余計な心配をしてしますが、そこはさすがに日本が世界に誇るハイテク技術ですね。渋滞時の微低速前進の時速10km以内と停止を繰り返しでは、アイドリングストップは作動しないそうです。要するに車が、状況を判断してくれてコントロールするというわけです。

 

 

 

 

 

カテゴリー: タント パーマリンク